モータースポーツで白熱!「K1 スピード/K1 Speed」でレーシングカートをたのしもう

モータースポーツで白熱!「K1 スピード/K1 Speed」でレーシングカートをたのしもう

ハワイには、マリンスポーツなど数々の人気スポーツがあります。
せっかくならば、体験したことのないものに挑戦してみませんか?
今回は、インドア・レーシングカートが楽しめる、ハワイ唯一のスポットをご紹介します。

ハワイにはここだけ!唯一のレース場


参照: K1Speed Inc.

ハワイでは、モータースポーツはあまり一般的ではありません。
ところが、開発が進むカポレイに、ハワイでここにしかないサーキット「K1スピード」があります。

フォーミュラワン(F1)のレーシングカーが走れるほど大規模なものではありませんが、本格派のインドア・レーシングカート・サーキットです。

以前、この場所には「ポディウム」というカート・サーキットがありました。
しかし、2014年に、カルフォルニアやテキサスなど全米30ヶ所以上にインドア・レーシングカート・サーキットを展開する「K1スピード」に変わりました。
週末には、車好き、レース好きのロコ達が集まって熱いレースを繰り広げています。

レーシングカートとは?


参照: K1Speed Inc.

K1スピードでは、レーシングカートをドライブしてレースを楽しめます。
この「レーシングカート」は遊園地にあるゴーカートとは全くの別物。

フォーミュラワンのレーシングドライバーもレーシングカート経験者が多く、ドライブした感じもフォーミュラワンのレーシングカーに近い乗りものです。

エンジンのレーシングカートでは、最高速度が100キロ以上出るものもあります。
K1スピードでドライブできる電動のレーシングカートでも70キロ以上出るので、スリルのあるレースを体験できますよ。

一方、大人が運転するレースのフォーメーションラップ(スタート位置に付くための一周)や、キッズのみのレースを行うときは、遠隔制限でスピードが出ないようコントロールできるようになっており、安全性が高いのも特徴の一つです。

実際にレースを楽しんでみよう!


参照:K1 Speed

K1スピードでレースを楽しむには、まず入り口近くにあるキオスクのラップトップ・パソコンで、名前や住所を登録します。
登録方法がわからなくても、カウンターにスタッフがいるので遠慮なく聞きましょう。

登録が済んだらレジカウンターへ行き、参加するレースのプランを選びます。
1レースはコース14周、参加費は19.99ドル。
このレース参加料の他に、登録料6ドルも必要です。

登録を済ませると、メンバーズ・カードが発行されます。
このカードを持っていれば、全米のK1スピードで利用できるほか、ヘルメットやヘルメットをかぶる前に着用するレーシングフェイスマスクの無料レンタル、オンラインでのスコアチェックもできます。


登録が終わったら、レース前に名前が呼ばれるまで待機。
この時間が一番ドキドキと緊張する時間です。
名前を呼ばれたらレーシングカートが駐車しているゲートへ行き、注意事項の説明を聞きます。

レーシングカートの操作は、右ペダルがアクセル、左ペダルがブレーキの2ペダルなので難しいことはありません。
フェイスマスクとヘルメットをかぶり、シートベルトを締めたらいよいよコースイン。
旗の合図と共にスタートしますが、決して無理な走りはしないようにしましょう。

レース終了後は、レジカウンターでラップタイムなどが記録されたスコア表をもらえます。
ここには今週のベストタイム・ランキングも書かれており、ランキングに入ると結構嬉しいですよ。

 

カポレイの本格カートレーシングコース「K1スピード」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
男性だけでなく女性でも十分楽しめますし、グループで楽しむのもおすすめですよ。

K1スピード・ハワイ/K1speed Hawaii アクセス+店舗情報

K1スピード・ハワイ/K1speed Hawaii

住所:
91-1085 Lexington St, Kapolei
電話番号:
808-682-7223
営業時間:
月曜~木曜12:00~22:00 、金曜 11:00~23:00、土曜 10:00~24:00、日曜 10:00~21:00
定休日:
無休
URL:
https://www.K1speed.com/kapolei-location.html
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事