カイルア・ラニカイ♪セグウェイツアー体験記

カイルア・ラニカイ♪セグウェイツアー体験記

日本では体験できないことができるのも、ハワイ旅の楽しみのひとつではないでしょうか。
今回は日本ではめったに体験できないセグウェイで、カイルア&ラニカイを巡るツアー体験記をお話ししましょう。

セグウェイとはこんな乗り物!

日本では特定の地域でしか公道を走行できないセグウェイですが、そもそも一体どんな乗り物なのでしょうか。

セグウェイはアメリカの発明家によって開発された乗り物で、2001年に製品として発表されました。
平行に着けられた2つのタイヤの間にある乗車台に乗って運転する2輪車で、体重移動によって速度や舵を操作します。
動力が電気なので、静かで排気ガスなども出ません。

日本では道路交通法の関係もあり本来は公道で走行することはできませんが、法改正の推進や実験的に導入をしている例えば筑波市などでは、走行が許可され有料でツアーも開催されているようです。

カイルアでセグウェイ散歩なら「セグウェイ・オブ・ハワイ・カイルア」

ワイキキでもセグウェイツアーが行われていますが、オアフ島東海岸にある人気エリアのカイルア、ラニカイでセグウェイツアーを行っているのがセグウェイ・オブ・ハワイ・カイルアです。

カイルア・ビーチパークの近くにあるショップでは、セグウェイでラニカイビーチまで散歩するもっとも人気のツアー「カイルア&ラニカイ・セグウェイ・ツアー」をはじめ、ウルポ・ヘイアウなどを巡る「カイルア歴史&文化ツアー」などのツアーが行われています。

カイルア&ラニカイ・セグウェイ・ツアーに参加

セグウェイツアーをプランしよう♪

カイルア、ラニカイには何度か行ったことがありました。
ハワイ旅行の計画を立てているときにワイキキとカイルアにセグウェイツアーがあると知り、景色の綺麗なカイルアでセグウェイを楽しみたい!と思ったのです。
そこで、一番人気のあるカイルア・ビーチパークからラニカイビーチを巡る「カイルア&ラニカイ・セグウェイ・ツアー」を予約し、$20追加してワイキキの宿泊しているホテルまでの送迎も予約しました。

いよいよ当日

当日はとても陽気なドライバーさんがピックアップに来てくれて、ツアー前から楽しい気分にしてくれました。
ショップに到着して受付の時に、ピルボックスに行ってみたいと寄り道をリクエストしてみると、一緒に参加するツアー客の方々も寄り道に同意してくれたため「プライベート・セグウェイツアー」に変更となりました。

セグウェイに乗る練習の前に、可愛くペイントされた何種類ものヘルメットの中から自分が使いたいヘルメットを選びます。
ショップにある広いスペースでセグウェイを前に操作方法の説明を受けた後、いよいよ実際にセグウェイに乗って20分ほど練習します。
乗り方をスタッフが丁寧に教えてくれるので、練習を終わる頃には全員が自由にセグウェイに乗れるようになりました。

ツアー出発!

いよいよツアーに出発しますが、先頭と最後尾はスタッフが走ってくれるので安心して走行できます。
ラニカイの塔やラニカイビーチなど、所々でセグウェイを降りてあまり知られていない撮影スポットで写真を撮ったり景色を見たりしながらツアーは進んでいきます。
リクエストしたピルボックス・トレイルは、入り口から5分ほど登った場所までしか行きませんでしたが、美しいラニカイの景色を堪能できました。

ショップに戻るとスナックやジュースを飲みながら、スタッフが撮ってくれた写真や動画を鑑賞し、気に入ったら$20で購入も可能です。

美しいラニカイとカイルアをセグウェイで滑るように走り抜けるツアー、あなたも参加してみてはいかがでしょうか。
僕がツアーに参加した「セグウェイ・ハワイ・カイルア」は、スタッフの皆さんはもちろん、ピックアップに来てくれたドライバーまでサービス精神にあふれたアロハなツアーでした。

ショップには駐車場もあるのでレンタカーで訪れ、セグウェイツアー後にカイルアを散策するのもおすすめですよ。

セグウェイ・オブ・ハワイ・カイルア/Segway of Hawaii- Kailua アクセス+店舗情報

セグウェイ・オブ・ハワイ・カイルア/Segway of Hawaii- Kailua

住所:
130 Kailua Rd. 102-B Kailua
電話番号:
808-262-5511
営業時間:
8:30~17:30
定休日:
無休 
URL:
http://jp.segwayofhawaii-kailua.com
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事