2016年にリニューアルしたワードビレッジでメイドインハワイを発見♪

2016年にリニューアルしたワードビレッジでメイドインハワイを発見♪

参照:South Shore Market

ハワイの楽しみ方は人それぞれ。
ホテルでゆっくりステイ派。
アクティブに動いて1秒も無駄にしたくない派。
正直、どちらの気持ちもありますよね。

今回は、どちら派の方も満足できるとっておきの場所を紹介します。
アラモアナから徒歩でたったの10分の「ワードビレッジ」です。

変わりゆく街並み、ワードビレッジ

以前この地区には懐かしのワードウェアハウスがありました。
ここだけ日本人観光客もまばらで、混雑していなくて…。
リピーターの大好きスポット。
落ち着けるショッピングモールの代表格として密かに有名でした。

時代は流れ、再開発後生まれ変わりました。
古き良き時代の面影はそのままに。
新しいのにどこか懐かしい…

ここでは、ローカルアーティストのプロダクトが手軽に楽しめます。

サウス・ショア・マーケット

今までずっと入手困難だったアーティストの商品が、ここに集結‼
見て回るだけで気持ちもホッコリ。
だれもがALOHAを感じて笑顔になります。

Cameron Hawaii/キャメロン・ハワイ

参照:Cameron Hawaii

「キャメロン・ハワイ」はオーナーの心意気がスゴイ。
なんとTシャツは糸から手作り。
こだわりぬいた先に行きついた、究極のお店です。
ファミリー経営でこその、商品のぬくもりを感じられます。

ハワイアンスピリッツを持つロコガールが旅のダイアリーを書いたら…
そんな素敵なイメージで「キャメロン・ハワイ」はスタート。
このコンセプトを聞いただけで、行ってみたくなりませんか?

店内にはオリジナルのキャンドル。
ココナッツ、チューベローズなどのハワイらしい香りであふれています。
サイズもビッグサイズ7.99ドル。
お土産用にはミニサイズ4.99ドルがおすすめです。

様々な模様のキャンバス生地ポーチも、ハワイらしくて素敵。
他店にはない色彩なので、帰国してからのお気に入りアイテムになりますよ。

Kealopiko/ケアロピコ

参照:Kealopiko

モロカイ島発のローカルブランド初出店「ケアロピコ」
ハワイのネイチャーから得たインスピレーション。
そして、伝統文化を後世に継承するという熱い信念。
すべてがひとつになってケアロピコのデザインとなりました。

仲良し3人組で立ち上げた環境に優しいブランド。

女性らしさを感じられる、ドレスやバッグが大人気です。
ハイビスカスがモチーフのカバーアップ65ドル。
水着の上にさらりと羽織れば、あなたはどこから見ても、モロカイのロコガール。
柔らかい曲線美が特徴です。

珍しいポーチも発見。
ハワイの木「オラパ」の葉や、フィッシングネットがデザインされています。
オリジナリティーあふれるプロダクトばかり。

ナチュラルインクやオーガニックコットンなど素材にもこだわっています。

キャンバス生地の植物プランターのカバーはたためるのでお持ち帰りに最適!
サイズ、色合いもお好みで選べます。
15ドルより購入可能♪
嬉しいお手頃プライス。

Holoholo Market/ホロホロマーケット

参照:Holoholo Market

のんびりおしゃべりを楽しみながら、ショッピング。
少しお腹も空いてきますね。
そんなときは「ホロホロマーケット」
ベンチに座ってゆっくりお茶しませんか。

ビールやワインはもちろん、ポキも販売しています。
ホテルへのお持ち帰りサイズにもピッタリ。

珍しいキアヴェの木の花から採取した貴重な白いはちみつ。
18.59ドルから。
大人気チョコレート・オン・ア・ミッションのチョコは7.99ドルから。

ここでしか買えない、ローカルグッズ。
ALOHAを身近に感じられる癒しのビレッジです。

Ward Village アクセス+店舗情報

Ward Village

住所:
1240 Ala Moana Blvd #200, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-369-9600
営業時間:
10時00分~21時00分
URL:
https://www.wardvillage.com/
まゆみ
著者:まゆみ
カナダ留学後、インテリアコーディネーター、現在は英会話スクール勤務。
12歳違いの2人娘と夫の横浜4人暮らし。
長年毎年通い続けたハワイの本当の魅力を、上級者目線で発信してゆきます。
あなたのHawaii旅をさらに楽しくする秘策が沢山あります。
お楽しみに!

関連する記事