ハワイのトイレ事情、日本と違うところはココ!

ハワイのトイレ事情、日本と違うところはココ!

海外では、国や地域によってトイレ事情が変わってきます。
ハワイに行くならトイレの勝手も知っておきたいところですね。
お店ではトイレは貸してくれるのか?公衆トイレは安全?
私の実体験と感想をもとに、ハワイのトイレ事情をお話しします。

ハワイのトイレ、日本と違うところは?

まず、びっくりするのは、個室トイレのドアは上下が大きく開いていることです。
これは、防犯のためで、中に人がいるかを確認できるからだそうです。
慣れない日本人にとっては少々恥ずかしい気もしますが、皆さん全く気にしていません。

そして、便座が高い
体の大きさの違いなのでしょう。
私は便座に座ると足が床に着きません。
ウォシュレトは、高級なホテルの客室には増えているようですが、まだまだ普及はしていません。

便座クリーナーはありません。
その代り、紙の便座シートが設置されているので、それを使用しています。
ホテルや、旅行者の多いショッピングセンターなどは清掃が行き届いているので、不安な方は綺麗なトイレをチェックしておくと良いでしょう。

手を洗った後に拭くものはロール状の布タオルを引き出して使うタイプ(日本にも昔あった様なタオル)と、ロール状のペーパータオルをレバーを押すかセンサーに手をかざして1枚分を切り離して使用するタイプが多いです。

オムツ交換台は、大型のショッピングモールなどには設置されています。
また、家族用トイレ(family bathroom)があるので、小さなお子さんと一緒の時は利用しましょう。

カフェのトイレは鍵を渡されることも。公衆トイレは安全上使用しない方が良い!

レストランやカフェに行きたい時は、スタッフに一言伝えましょう。
そうすると、トイレに入るための鍵を貸してくれることがあります
これも、防犯のため。
ショップの場合はトイレを貸してくれない場合が多いです。
ただし、鍵があったとしても、清潔でないこともあります。
また、カフェのトイレでも周囲に人がいないような場所にある場合はじゅうぶん気を付けるか、利用を控えた方が良いです。

公衆トイレや、人通りの少ない場所のトイレは日中であっても入らないように
また、少しでも不安だなと感じたトイレにも行くのはやめておきましょう。
不審な人が中にいることは、よくあります!

トイレに行きたくなった時は、ホテルのトイレか、人の多いショッピングモールのトイレを使用することをおすすめします。
私のおすすめは、TギャラリアBy DFSのトイレ。
いつも旅行者がいて、キレイ!
ワイキキでショッピングしている時は、わざわざそこまで行っています。

ハワイのトイレあるある!?


日本とは事情の少し違うハワイのトイレ。私の感じたちょっとしたあるあるをご紹介します。

男女の表示がかわいい!
空港などで見かけることがありますが、男性・女性のマークがハワイらしいのです。
男性はアロハシャツを着ていて、女性は首からレイを下げ、頭には花を飾っています。
ちなみに、ハワイ語で男性は「Kane」女性は「Wahine」と言います。
ハワイ語だけの表示はあまりありませんが、覚えておくと便利ですよ。

ダイソンのジェットタオルがある!
手拭きは布や紙のロールタオルのことが多いのですが、空港やショッピングモールではジェットタオルが設置されている時があります。
このジェットタオル、掃除機で有名なダイソン製。
その威力がすごい!
強風で手の水滴を一気に吹き飛ばしてくれるのです!
日本にあるジェットタオルなんて比較になりません。
乾ききれずに手を拭き直す必要なんて全くなし。
この威力、日本にも普及してほしいなぁと思います。

ハワイは、ワイキキ中心部でもなかなかトイレを見つけられません。
滞在中、「ここは綺麗で安全なようだ」というトイレを見つけたならば、行っておくことをおすすめします。
お子さんが一緒の時はもちろん、エアコンで体が冷えた時など、トイレに行きたくなることを想定しておいた方が良いかもしれません。
旅先のトイレ事情、知っておいて損はありませんね!

mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事