ロコが本当に好きなハワイアンフードはココにあり!Yama’s fish market(ヤマズ・フィッシュ・マーケット)

ロコが本当に好きなハワイアンフードはココにあり!Yama’s fish market(ヤマズ・フィッシュ・マーケット)

ハワイアンフードと聞けば、何を思い浮かべますか?パンケーキ?ロコモコ?アサイボウル?
確かにそれらは日本人にも有名で、ハワイに行ったらぜひ食べたいもの。
ですが、実際にロコたちが好んで通うハワイアンフードが食べられるお店は、私たち日本人が知らないお店。
今回は、ロコの友人が大好きだと熱弁していたハワイアンフードが美味しいと評判のお店、Yama’s fish marketをご紹介します!

ロコがYama’s fishを好む理由

ワイキキからも近く、バスを乗り継ぎ行けるYama’s fish。
何度か訪れている方であれば、アグ・ラーメン・ビストロ、テディーズ・ビガー・バーガー近辺と言えばイメージがわくでしょうか。

鮮やかな空色の外壁に、名前のとおり「山」の赤字が目をひきます。

店内には料理の並んだショーケースと、お菓子やジュースなど商品が並んだ陳列棚、そしてカウンターがあるだけで、イートスペースはありません。
注文して持ち帰るスタイルですね!

フィッシュと言っても実際肉料理も豊富で、地元の方が通うハワイアンフードが豊富に揃うお店。
ワイキキからそれほど遠くはないとは言え、車やバスなどでないと行けないため、普段日本人観光客はほとんどいないそう。
営業時間9:00~17:00で年中無休というのもロコに愛される理由の1つのようです。

日本のオリジン弁当のよう?色々選べるという魅力

ショーケースに並ぶ色とりどり、多種多様な料理。
魚料理、肉料理、海藻類や野菜のサラダ。
一番人気はAhi Poke(アヒ・ポキ)。
お店によっても多少味付けが異なりますが、イメージはマグロの醤油漬け。
そりゃ日本人も大好きなはずだ!

「ここのポキの新鮮さと味はピカイチ」とロコ友の折り紙付き。
マグロだけでなくタコのポキもあって、味付けも数種類から選べます。
ショーケースの中の生もの以外に、揚げ物やスナックなど、お惣菜も陳列棚やレジカウンター脇に置いてあって、チキンカツみたいなものも美味しいそうです。
マカロニサラダなど、子どもも好きそうなサラダ類は家族連れに嬉しいですね!

まずは丼ぶりやプレートで、色んな種類を試してみよう!

各種単品で量り売りもしていますが、初めて利用するときは、丼ぶりやプレートで色んな味を試してみるのはどうでしょう。
例えば「Yama’s Poke Bowl」スタイルでは、
まず、ライスのサイズを選びます。ふつう盛か大盛か。
そのごはんの種類も選べるんですって!

白米・玄米・ひじきご飯・酢めし…。
確かにポキには酢飯が合う!
あとはポキの種類を選んで、小鉢料理を選びます。
これで10$弱。

こちら、ロコ友が選んだある日のプレートランチ。
20種類あるプレートメニューからの1つ。
白米とポキ、Lau lau(ラウ・ラウ)とLomi lomi salmon(ロミ・ロミ・サーモン)。
こちらもまた10$弱。
リクエストがあれば、ライスにふりかけもつけてもらえるとか…。

ロコじゃなくても、日本人なら誰でも絶対好きになるはず!このYama’s fish。
私もまだこちらのお店は行ったことがないので、
次回は必ず行こう!と決めています。
少し遅めの朝食かランチに、ポキボウルを買って、
ビーチに行って海風とともに楽しむのがとっても待ち遠しいっ!
本場のハワイアンフードを食べてみたいという方、ぜひ行ってみてくださいね!

Yama's Fish Market アクセス+店舗情報

Yama's Fish Market

住所:
2332 Young St, Honolulu, HI 96826 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-941-9994
営業時間:
9:00-17:00
URL:
http://yamasfishmarket.com/
Mari
著者:Mari
「どうせ日本人ばっかりなんだろう」と長年行かず嫌いだったハワイ。
一度足を踏み入れた途端どハマリしてしまい、今では年2回ペースで一人旅するほどラブに。
自転車を借りてプーラプラ、ビーチにいってゴーロゴロ。
それがお気に入りの過ごし方。
ハワイを第2のHOME TOWNにすべく、ロコ友からの地元にツウな情報収集を日々欠かしません。

関連する記事