ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

ハワイの歴史や文化を学ぼう!ハワイ最大の博物館

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

ハワイを中心にしたポリネシア圏の自然・文化・歴史に関する資料200万点以上を所蔵するハワイ州最大の博物館。創立は、なんと1889年。もともとはカメハメハ大王の王族が所有する美術工芸や家宝、調度品を所蔵するために建てられたものだったそう。アジアやポリネシアの人々がもたらした3000年前の貴重な品々なども展示され、ハワイの歴史を奥深く学べる。

西洋美術や自然科学に関する展示、プラネタリウム、カルチャープログラムもあり、一日いても飽きないほど充実。ワイキキからミュージアム間を走る専用シャトルも毎日運航されているので、気軽に足を運べるのが便利。もちろん、ワイキキトロリーやザ・バスでのアクセスも可能。レンタカーならワイキキから20分程度だ。雨の日プランとしてリストに加えておくのもいいだろう。

日本語の館内ガイドもあり!一番の見どころは「ハワイアン・ホール」

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

敷地内はテーマごとに建物やエリアが分かれており、ハワイ諸島の歩みを展示する「ハワイアン・ホール」、移民たちの航海や文化に関する「パシフィック・ホール」、ハワイの自然をテーマにした「サイエンス・アドベンチャー・センター」など、どれも見応えたっぷり。

この博物館のメインとなるのは、巨大マッコウクジラの骨格標本が置かれたハワイアン・ホール。ポリネシアの人々がハワイ諸島を発見した時代からハワイ王朝が繁栄するまでの時代を展示し、自然を崇拝するハワイ神話やそれによって根付いた独特の文化を学べる。展示の説明はすべて英語なので、より深く知りたいなら日本語の無料ガイドツアーに参加するのがおすすめ。予約不要なので、1階入口に集合しよう。

ハワイを体感!こどもも大人も楽しめる展示やプログラム

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

サイエンス・アドベンチャー・センターでは、3Dグラフィックスや模型を使って、火山活動によって誕生したハワイの地形をわかりやすく展示。火山や海底、動植物など、ハワイの自然を再現し、岩が溶ける様子や人工的に溶岩を作り出す実演などもされている。大型の展示が並びヴィジュアルで体感できるエリアなので、子連れのファミリーにはうってつけだ。

博物館を訪れるときは、事前に公式HPでプログラムを要チェック!ハワイ文化を体験できるさまざまなカルチャープログラム(要予約・有料)が開催されている。レイメイキングやガーデンツアーといった気軽に参加できるものから、古典(カヒコ)フラレッスンが受けられるスペシャルなプログラムも。

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum アクセス+店舗情報

ビショップ・ミュージアム/Bishop Museum

住所:
1525 Bernice St., Honolulu
電話番号:
808-847-8291
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
11月の第4木曜日(サンクスギビング)、12月25日

周辺のお店

全てのお買い物のショップを見る