相手によって変えていこう!おすすめお土産クッキー

相手によって変えていこう!おすすめお土産クッキー

ハワイのお土産と言えば、最近ではクッキーが超有名。
実際にハワイに行くと、お土産屋さんには様々なクッキーが並んでいて、誰にどれを買おうか迷ったことはありませんか?
今回は、相手に合わせたお土産クッキーをご紹介します!

絶対外さない!誰でも喜ぶホノルルクッキー・カンパニー

ホノルルクッキー・カンパニーは、1998年にホノルルで創業したクッキーブランド。
他のクッキーブランドと比べて新しく登場したにも関わらず、若者を始め、今では1番人気のハワイ土産になっています。

パイナップルの形をしたショートブレッドクッキーは、様々なフレーバーがあり、店内の試食コーナーはいつもお客さんで賑わっています。
サクサクとした食感と、主張し過ぎないやさしい味で、食べた人を幸せな気分にしてくれます。

パッケージもかわいらしい。パイナップルの形をしたものや、ハイビスカスなどの柄の缶など、大きさも形も様々。クッキーを食べた後は、小物入れなどとしても使えそうです。

お土産に迷うならば、ホノルルクッキーを買えば間違いなし!
老若男女に喜ばれます!

王道からちょっと外すなら、季節限定のフレーバーやパッケージを狙ってみるのも良いですよ。

高級感ただようビッグアイランド・キャンディーズ

1977年、ハワイ島ヒロで創業された、ビッグアイランド・キャンディーズ。
以前はハワイ島のお土産として有名でしたが、今ではオアフ島でも購入が可能になりました。

バターをたっぷりと使ったクッキーは、コクがあり、味わい深い。日本人の口にもよく合います。パッケージを開けると、長方形のクッキーがぎっしりと詰め込まれているのが印象的。

ホノルルクッキーが有名になる前は、このビッグアイランド・キャンディーズがハワイで1番人気のクッキーでした。
そのため、年配の方からはビッグアイランド・キャンディーズをリクエストされることも。

おしゃれなパッケージは様々な種類があり、高級感ただよう箱に入っているものから、リボンをかけられているものまでたくさんあります。
相手に合わせてパッケージで選んでみるのも良いですね。

上司などの目上の方、何か高級なお土産を渡したい時に最適です!

王道から外すなら、ザ・クッキー・コーナー

1981年創業、ホノルルのダウンタウンで生まれた、ザ・クッキー・コーナー。
店舗によっては焼きたてのクッキーが並んでいて、店内はいつもクッキーの良い香りにつつまれています。

ローカルにもとても人気で、「これぞクッキー」というような丸い形のクッキーや、ショートブレッド、フルーツバーなどどれも魅力的。
クッキーはどこか懐かしい味。フルーツバーは、冷やして食べるとフルーツの爽やかな酸味をより美味しく味わえます。
店員さんが試食をくれるので、味見してみたい時には声をかけてみましょう。

クッキーは1枚から購入可能。フルーツバーは、3種類が1枚ずつ入ったセットもあるので、バラマキ土産にも最適です。
ハイビスカス柄の赤いパッケージがハワイらしくてかわいい!

ただし、ハンドメイドのため賞味期限が短いです。お土産として買うには日にちをよく考えておきましょう。
私は主に自分用のお土産もしくは定番からちょっと外したお土産を喜ぶ友人用として買っています。

お土産選びは楽しいけれど、時間をかけすぎたくないですね。
有名なクッキーだからこそ、何を買おうか悩んでしまうこともあります。
どれも美味しくて迷ってしまう方、シーンや相手に合わせてクッキーを選んでみてはいかかでしょうか。

mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事