女子だけの、危なくないハワイのワクワク夜遊び!

女子だけの、危なくないハワイのワクワク夜遊び!

ワイキキの夜は遅くまで明るく人通りもありますし、飲食店であれば23時閉店のお店も多いので、食事したりお酒を楽しんだりできる場所もあります。
でも数名の女子旅であれば、ハワイとは言え異国の地で、夜女性だけで出かけるなんて、少し心配にもなりますね。
今回は女性だけでも出かけやすい、夜遊びできるスポットをいくつかご紹介したいと思います。

ワイキキの夜の眺望は忘れられない思い出に!SKY Waikiki(スカイ・ワイキキ)


参照:SKY Waikiki

2015年にオープン以来大人気のバーラウンジ「スカイ・ワイキキ」。
何がそんなに人気かって、それはその屋上デッキのオープンテラスからの眺望と、そこで味わう食事とお酒。
ドレスコードに気を遣うこともありますが、ワイキキの中心で爽やかな海風に当たりながら、ドレスアップして金曜日の花火や、きらびやかな夜景を眺めるのは、非日常的で極上の女子会になると思いませんか?
建ち並ぶホテルの窓から漏れる黄色い明かりには、東京の賑やかな夜景とはまたひと味違う魅力があります。

地元の人たちよりも、たくさんの観光客で賑わっているお店です。
平日は23時閉店ですが、金・土の夜は翌2時まで営業しています。
羽目の外しすぎには注意ですが、せっかくのハワイの夜、女同士で夜な夜な語り合うのも楽しいですね!

ちなみに私のように人混みが苦手・・・という方。
夜遊びではなくなりますが、平日開店直後の17~18時はまだ比較的空いていて、夜景ではなくサンセットを眺めるのも素敵です。
ビールやカクテルと、ガーリックチキンスライダーというプチバーガーみたいなメニューが最高ですよ!

ただのビールバーではなかった!スポーツ観戦で盛り上がるYard House(ヤードハウス)


参照:Yard House

こちらヤードハウスも有名中の有名店。
知らずに通りかかって目にすることも多いのでは?
でも人気店ゆえにたいてい混雑していて、入り口には待っている人の列が・・・
そこで「並ぶほどでもないし」と諦めてしまう人も多いのでは。

実は、外壁もなく外にオープンに客席がむき出しになっているので、店中が混雑して見えますが、実はカウンター席にはチラホラと空きがあります。
おひとり様の客が、間隔を空けながら着座しているので、女性2、3人程度で来店すると、席を詰めて空けてくれることが多々あります。

女性だけで安全安心に夜を過ごすには、もってこいのバー。
なぜなら130種類のビールがウリのこちらのお店ですが、実はハワイには数少ないスポーツバーの一つ!
ですから観光客も地元ロコも、純粋なビール好きやスポーツファンが集まっていて、客層がいいんです。
カウンターに座れば店員さんも近くて、注文に迷えば「こんな味だよ」と気軽に試飲もさせてくれる穴場席!
時々熱気ありの、陽気で楽しいハワイの夜を、ヤードハウスで楽しんでくださいね。

生ハム・ワイン好き女子のためのIl Buco(イル・ブーコ)


参照:ワイキキ・サンドビラホテル

南国ではシュワシュワを求め、もっぱらビール派の私。
ワインはほとんど頂かないのですが、ワイン大好きな友人によくオススメされるのが、こちらイル・ブーコというイタリアンスタイルのワインバー。
ワイキキ・サンドヴィラ・ホテル内にあり、ビーチ側ではなくアラ・ワイ運河沿いなので、比較的夜は静かな方。
入り口の大きな木製の看板とスタイリッシュな入り口が、オシャレ!
何より営業時間が18時~翌2時というのが、夜遊びにはピッタリですね!
またホテル内のお店というのも、女性には安心です。

生ハムやサラミの塊を注文ごとにスライスして提供してくれるので、トマトやオリーブと一緒に地中海料理と合わせて、イタリアンワインを頂くのが大人女子の嗜みらしいです!
次のハワイ旅行では、私もビールとフライドポテトを控え、ワインとイタリアンデビューをこのお店でしてみようと思っています。

日本でも海外でも、深夜に女性が出歩くということは注意が必要ですし、自己責任のもとよく考え行動しなければなりません。
とは言えせっかくの旅行ですし、限られた時間の中で、朝も昼も夜だってハワイを楽しみたいのも当然です。
今回ご紹介した3スポットも参考にしつつ、事前によく調べ、トラブルのないように楽しい素敵なハワイの夜を過ごしてくださいね!

SKY Waikiki(スカイ・ワイキキ) アクセス+店舗情報

SKY Waikiki(スカイ・ワイキキ)

住所:
2270 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-979-7590
営業時間:
17:00~23:00/金・土のみ17:00~翌2:00
URL:
https://www.lanilanihawaii.com/column/sharing-my-hawaii/hawaiis-restaurant.html
Mari
著者:Mari
「どうせ日本人ばっかりなんだろう」と長年行かず嫌いだったハワイ。
一度足を踏み入れた途端どハマリしてしまい、今では年2回ペースで一人旅するほどラブに。
自転車を借りてプーラプラ、ビーチにいってゴーロゴロ。
それがお気に入りの過ごし方。
ハワイを第2のHOME TOWNにすべく、ロコ友からの地元にツウな情報収集を日々欠かしません。

関連する記事