食べたことある?ハワイの伝統料理にハマってみよう!

食べたことある?ハワイの伝統料理にハマってみよう!

ハワイは私達にとって永遠のHAPPY ISLAND.
考えただけで心が軽くなるのは何故でしょう。

訪れる度、もっともっとハワイのヒストリーを知りたくなります。

一度はHAWAII伝統の味を試してみませんか。
ひとつひとつに色々な意味がこめられたハワイ料理。
あなたはいくつ知っていますか?

タロイモとティの大きな葉っぱで巻かれたラウラウ。
珍しい紫色のポイ。

私がハワイに帰ると必ず立ち寄る場所。
行ってきました~‼
皆さんも是非本場の伝統料理を味わってみませんか。
少しだけきっとロコに近付けるはず。

まずはカカアコへ!Highway Inn


参考:highwa Inn

今話題のカカアコ。
おしゃれSPOTとして旅行者には外せません。
人気の「SALT」は言わずと知れたグルメの集結TOWNです。
ハワイの伝統料理Highway Innはいつもロコでにぎわっています。
アラモアナから56番「カイルア・カネオヘ行き」約11分で到着します。

ローカルフードってどんな味?

参考:@huali6425

「ハイウェイ・イン」はハワイアンローカルフードの老舗です。
オアフ島西部のワイパフにある本店は創業者の息子さん。
そして今回紹介するカカアコ店は、なんと孫娘さんが切り盛りしている
ファミリー経営のレストランです。

ハワイのこういうSTORY。
どうしても好きにならずにいられません。

Highway Innのバックグラウンドを知れば知るほど、日本人の私もすこしだけハワイに近付けている気がしています。

「ラウラウ」からまずTRY♪

ハワイの郷土料理ってなにをオーダーすればいいの?

確かに聞きなれない、ネーミングがズラリ。
そんなときは迷わず「コンボ・プレート」
たくさんのハワイ料理から好みの物をピックアップしましょう。

①ラウラウ
ハワイ語で「ラウ」は包むという意味。
タロイモとティの葉で豚肉やチキンを包み二時間以上じっくり蒸し焼き。
口の中でホロホロと崩れます。一番のオススメ。

②ポイ  
タロイモをペースト状にし、美しいパープルが印象的。
ポリネシアンの主食とされています。
タロイモはハワイでとても大切にされている根菜の一つで、少しクセは強いですが是非TRYしてくださいね。

③カルアピッグ
柔らかくふんわりした口当たりでお子様にも大人気。
細かくほぐされた豚肉に少し日本の和食要素を感じる優しい味付け。
この味を嫌いな日本人はいないはず‼

④ロミサーモン
皆さんお馴染みのロミサーモン。
ハワイ語で「ロミ」は揉むという意味。
新鮮なサーモンをハイウェイ・インのオリジナルなフレーバーでいただきましょう。
食べなきゃ日本に帰れません。

⑤ハウピア
最後のしめくくりはやっぱりデザート。
ココナツミルクから作られた伝統的ハワイアンデザート。
自然な甘さは世界中の誰もがとりこに。
ハワイアンウェディングのテーブルを必ず彩る幸せの象徴。

アメリカンな味も間違いなく美味しい♪

参考:@leexhan_na

必ずオーダーするのはフィッシュタコス。
伝統的な料理と一緒にオーダーするのが私のスタイル。
柔らかいソフトタコスが新鮮なマヒマヒをしっかり包みます。

「Highway Inn」の人気の秘密。
伝統料理を守り続けるとともに、今時アメリカンフードも追及。
努力を惜しみません。
まさに今、人々の求めている味を知り尽くしています。
是非夏休み、ハワイのローカルフードレストランに足を運んでくださいね。
リピーターになること間違いなしです。

ハイウェイ イン カカアコ Highway Inn Kaka'ako アクセス+店舗情報

ハイウェイ イン カカアコ Highway Inn Kaka'ako

住所:
680 Ala Moana Blvd #105, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-954-4955
営業時間:
8時30分~20時30分
URL:
http://www.myhighwayinn.com/
まゆみ
著者:まゆみ
カナダ留学後、インテリアコーディネーター、現在は英会話スクール勤務。
12歳違いの2人娘と夫の横浜4人暮らし。
長年毎年通い続けたハワイの本当の魅力を、上級者目線で発信してゆきます。
あなたのHawaii旅をさらに楽しくする秘策が沢山あります。
お楽しみに!

関連する記事