デルタ航空、ジャンボ機の退役前に記念プロジェクト「Thank You 747-400」を実施

デルタ航空、ジャンボ機の退役前に記念プロジェクト「Thank You 747-400」を実施

views:181

特設ウェブページにてフォトコンテストや思い出のエピソード募集。入賞者には豪華賞品を提供

デルタ航空(NYSE:DAL)が運航するハイテクジャンボ機「ボーイング747-400型機」は、年内ですべての機材の退役が決まっている。

日本路線は9月5日の成田-ハワイ線、10月30日の成田-デトロイト線での運航がラストフライトとなる予定。(2017年7月31日現在での予定)。

デルタ航空では「空の女王(Queen of the Skies)」の異名を持ち、広く愛されたジャンボ機をファンへの感謝と747-400型機へのねぎらいの気持ちを込めて、「Thank You 747-400(ありがとう747-400)」プロジェクトを実施する。

Delta

プロジェクト概要

プロジェクト名称: 「Thank You 747-400」

期間:2017年7月31日(月)から11月7日(火)

概要:
(1) デルタ航空747型機フォトコンテストおよび写真展の開催 ※成田国際空港株式会社(NAA)との共催
(2) 747型機との思い出ストーリー (マイ747)の募集
(3) 退役記念特製ポストカードの製作、ハワイ便、デトロイト便の最終便搭乗者様へのプレゼントなど
(4) 退役記念特製モデルプレーンの製作

成田国際空港株式会社(NAA)との共催で実施されるフォトコンテストには、審査員として航空写真家のチャーリー古庄氏が最優秀賞1名および優秀賞を10名選出。選ばれた作品は、10月18日から11月7日に成田空港の展示ギャラリーにて開催する写真展に展示される。

また最優秀賞1名には、747-400型機のラストフライトで渡米し、帰国便では太平洋路線でのジャンボ機の後継機となるエアバスの最新鋭機A350型機の全席個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」に乗る、特別なアトランタの旅がペアで贈られる。

アトランタではデルタ航空本社および隣接するデルタ航空航空博物館の新展示「747エクスペリエンス」を訪れて、ジャンボ機の歴史と技術、航空旅行への貢献の歴史に触れることができる。

Delta

また、チャーリー古庄氏はポストカード製作用の写真も提供。

チャーリー古庄氏 略歴

ロサンゼルスの航空アカデミーに留学、航空機操縦資格を取得。航空マネージメントを学び、ロサンゼルスベースの米系航空会社にて運航業務全般、航空機売買等を手掛ける。

日本帰国後は国内航空会社、米系航空会社に勤務した後、航空写真家として独立。以降、雑誌各誌に自ら撮り歩いた世界100以上の国や地域の航空、観光写真を発表、国内外の航空会社、空港会社、旅行社などの宣伝、広報制作、映画制作、などにも携わり、TV・ラジオ出演も行う。

過去に乗った航空会社の数は200社以上、訪れた空港の数は約500ヶ所、という経験を活かして、「日本退役機追跡紀行」、「デザインで選んだ世界のエアライン100」、「航空会社の選びかた」「格安航空会社の選びかた」「ジャンボジェットの時代」「世界おもしろヒコーキ旅」「世界ヒコーキ紀行」「世界のビックリ空港探訪記」「エアライン年鑑」「World Jet Tour(写真集)」「世界の旅客機補獲標本」「ビックリ飛行機でゆく世界紀行」など、著書も多数あり。世界で最も多くの航空会社に乗った人としてギネス記録を持つ。

キャノンEOS学園講師、よしもとクリエーティブエージェンシー文化人所属。

チャーリー古庄 公式ウェブサイト: http://www.charlies.co.jp

デルタ航空について

デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 World’s Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれた。

デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界62カ国、334都市に向けてフライトを運航。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航している。

航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開している。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航。

機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資している。

詳しくは公式ウェブサイトdelta.comへ。