【ハワイの治安情報】気を付けるべき時間と場所を徹底解説!

【ハワイの治安情報】気を付けるべき時間と場所を徹底解説!

ハワイはアメリカの中でも治安が良い州として知られています。
銃規制が他の州より厳しいこともあり、全米の中でも犯罪発生率は低く、実際にハワイ旅行に行った方でも犯罪に巻き込まれたという例は少ないようです。

しかし、ホームレスの増加や凶器を使った強盗事件が多発するなど、日本と比べると治安が良いとは言えません。

危険なのは、ハワイ全体が観光地だと思って日本と同じように過ごしてしまうこと。
場所や時間帯によっては、注意する必要があることを覚えておきましょう。

今回は、特に注意が必要な場所をご紹介します。

日没後はとくに気を付けた方が良い場所

日没後はどんな場所でも危険が潜んでいるため、暗い場所にはまず行かないこと。
その中うえで気を付けたい場所をご紹介します。

タンタラス

タンタラスの丘

人気の夜景スポットとして有名な場所。そのため旅行者を狙った車上荒らしが頻発しています。
夜景を見に行くならばツアーに参加し、日中のピクニックでも注意するようにしましょう。


クヒオ通り、アラワイ運河、ケエアモクストリート

アラワイ運河

【クヒオ通り】
日中は人で賑わっていても、日没後、とくに21時以降は人が少なくなり、雰囲気がよくないことがあります。
のんびり散策することは避けましょう。

【アラワイ運河】
散歩やランニングにオススメな場所。
けれども日没後や早朝はローカルも寄り付かない程危険な場所になります。

【ケエアモクストリート】
特にウォルマートと反対側の歩道は、ホームレスが多く、治安があまりよくありません。
できるだけ日中も通ることは避けた方が良いでしょう。

夜だけでなく、日中も気を付けたい場所

ホノルルから離れ、観光やグルメスポットを目指して出かける方も多いでしょう。
しかし、必ずしも旅行者が多くいるとは限りません。

カカアコ地区

カカアコ地区

フォトジェニックなウォールアートがあることで、近年有名になっている地区。
ここは以前、倉庫などが多く荒れている地域でした。

開発は進んでいますが未だに危険が多い場所で、日中でも暴行事件などが起こっています。
人がいない場所や、公衆トイレには絶対に近づかないようにしましょう。


カリヒ地区

カリヒ地区

基本的には住宅街で、観光スポットやリーズナブルなグルメスポットも多い地域です。

ローカルの中には「ギャングの多い地域」と言っている方も。
日本に住む私達にとって、ギャングはイメージしにくいのですが、昼間でも殺傷事件がよくあるそうです。

ガイドブックやスマホを見ながらフラフラ歩いたり、いかにも観光しているような雰囲気で過ごすことは避けてください。

人の少ないビーチは、穴場だけれど危険もある!

旅行者の少ないビーチは、プライベート状態で気持ちが良いですよね。
しかし、その分危険な目にあう確率も高くなります。

ワイマナロビーチ

ワイナマロビーチ

白い砂浜と美しい青い海。
ウエディングフォトスポットとしても有名なビーチですが、個人よりツアーで行くことをおすすめします。

近くにはホームレスのテントが多く、車上荒らし、窃盗などの犯罪率が高いエリアです。


オアフ島西海岸

オアフ島東海岸

西側エリアは、オアフ島で最も治安が悪い場所。
ハワイ在住者でも危険な思いをする人が多く、行くことを避けたり注意している場所です。

ホームレスなどが多く、なかには旅行者に良い感情を抱いていない人もいます。
「行ってみたけど大丈夫だった」という情報もたまに見かけますが、十分に注意することが必要です。

今回ご紹介したエリア以外でも、常に外国にいるという意識は持っておきましょう。

ハワイは基本的には皆おだやかで良い人ばかり。
もちろんその温かさに触れる機会の方が多いのは間違いありません。

旅をする私たちが、じゅうぶんに気を付けることで、ハワイをより良いイメージにしていけるのだと思います。
「きっと大丈夫」とは思わず、危険な目にあわないような行動を心がけましょう。

在ホノルル日本国総領事館の安全情報も参考にしてくださいね。

mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事