「ハワイ版青の洞窟」も!秘密にしたいフォトジェニックなビーチ3選

「ハワイ版青の洞窟」も!秘密にしたいフォトジェニックなビーチ3選

何度かハワイを訪れると、観光客の多いワイキキやアラモアナを避けて新しい発見をしたくなるもの。
観光本片手に、ロコおすすめのスポットに足を運んでみても結局観光客だらけでげんなり・・・なんてことありませんか?
今回は、kazukiが実際に足を運んで、本当に日本人がいない(もはや誰もいない!?)&フォトジェニックな穴場的ビーチをチョイス!

「ハワイ版青の洞窟」マーメードケーブ(mermaid cave)

マーメードケーブ(mermaid cave)は最近ロコの間で話題の神秘的なスポット。
「ハワイ版青の洞窟」とも呼ばれ、SNSでも話題になっていますが、観光客はほとんどいない、まさに穴場。

マーメードケーブ(mermaid cave)があるのは、オアフ島の西側、Nanakuli beach park(ナナクリビーチパーク)
ワイキキから車で約1時間の距離にあります。

砂浜から直接行けるわけではなく、ビーチに向かって左側(南向き)、砂浜を超えた奥にある岩場を5分ほどトレイルする必要があります。
岩肌がゴツゴツしているので必ずサンダルを履いて進んでくださいね!
通りすぎる人もまばらで不安になりますが、進んで行くと足元に穴が数カ所現れます。

波音が聞こえたらそこがマーメードケーブの入り口!
そう。この穴から下に降りるのです。
足場を確認しながらゆっくりおりてくださいね。
おりた先はまさに洞窟。

ところどころ空いている穴から入ってくる日の光は、神秘的で言葉を失います。
僕も実際に訪れてみて「人魚が住んでいてもおかしくない」と心奪われた場所。

潮の満ち引きで撮れる写真も変わってきます。
潮が引いている時間帯が狙い目ですよ!

オアフ島で一番アツいフォトジェニックスポット。マカイリサーチピア(Makai Research Pier)

インスタグラムでも数えるほどしか投稿されていないフォトジェニックスポット。
本当は秘密にしておきたかった、とっておきの場所。

オアフ島の東側、シーライフパークを超えた先にあるマカイリサーチピア(Makai Research Pier)
ワイキキから車で約40分の距離にあります。

これ実は、浅橋(ピア)の下から撮った写真なんです。
ここの海はオアフ島の中でも透明度が高い地域。
独特なエメラルドブルーの海とまっすぐ伸びるピアのコントラストが幻想的な雰囲気を醸し出しています。

とくに朝日が昇った直後がおすすめ。
太陽と光があいまって、より神秘的な雰囲気に。

近くに目印はなく、ピアに続く小さな入り口と、小さなビーチ。
5,6台停められる駐車場が一番の目印?
車通りは比較的多いですが、見逃さないようにゆっくり進むことをオススメします。

究極のプライベートビーチ。ベローズビーチ(Bellows Field Beach Park)

オアフ島には、ビーチなのに平日立ち入り禁止場所があるのをご存知ですか?

ベローズビーチ(Bellows Field Beach Park)は、アメリカ空軍地内にあるため、本来であれば軍関係者以外立ち入り禁止エリア。
金曜日の昼間と週末、祝日のみ一般に解放されています。

オアフ島の東側、先ほどのマカイリサーチピア(Makai Research Pier)よりもカイルア方面へ約5分車を走らせた場所。
実際に行って見ると、観光客どころかロコの姿もほとんど見かけない、まさに隠れ家ビーチ。

冬場は比較的波が高いですが、ノースショアほどではないので泳ぐこともできます。
週末はライフガードも常駐しているので、安心して遊ぶことができますよ。
また、ビーチパークに指定されているため、トイレやシャワー、テーブルなど一通りの設備は整っています。
カイルアでランチを買ってきて、休憩がてら食べるのもいいですね。

kazuki
著者:kazuki
ハワイ情報サイトALOHAPOST発信中!
高校時代ハワイに留学し、海と山と街の丁度いい距離感。
ハワイの時間の流れに惚れこみ、ほぼ毎年渡ハしてます。
得意なガジェット、マイレージの貯め方を中心に、ハワイ永住を計画中(!?)のハワイ通らしく、一味違ったディープな遊び方を提案していきます。