ハワイアンミュージックで気分をあげよう♪ナ・ホク・ハノハノ・アワード2018

ハワイアンミュージックで気分をあげよう♪ナ・ホク・ハノハノ・アワード2018

参照:Nā Hōkū Hanohano Awards

みなさんは、ハワイの音楽を聴いていますか?
時には癒しをくれ、時にはパワーをくれるハワイアンミュージック。

日本にいても、その心地よい音色を聞くと、まるでハワイの空気を吸っているかのような気分になれます。
ハワイ旅行の直前や飛行機の中でも、ハワイアンミュージックを聴けば、テンションが上がりますよね!

今回は、5月に授賞式が開催されたハワイのグラミー賞、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード2018」からおすすめの曲をご紹介します♪

ナ・ホク・ハノハノ・アワード/Nā Hōkū Hanohano Awardsとは?


参照:Kapena

そもそも「ナ・ホク・ハノハノ・アワード/Nā Hōkū Hanohano Awards」とは、何でしょう?
毎年5月末に、ハワイ・コンベンション・センターにて盛大に開催される音楽の祭典です。

1978年から始まり、ハワイアンミュージック界の優秀アーティスト、作曲家、演奏家などを表彰するハワイの音楽賞。
ハワイのグラミー賞とも称されているんです!

ハワイでは、5月をメレ・メイ/Mele Meiと呼びます。
この1カ月は、ハワイ中が音楽とフラに染まり、各地で様々なイベントが開かれます。
ナ・ホク・ハノハノ・アワードは、そんなメレ・メイのクライマックス。
授賞式には、ハワイ州内外各地からアーティストが集まり、とても華やかなパフォーマンスが披露されます。

今年の受賞者リスト

今年も開催されたナ・ホク・ハノハノ・アワード2018。
受賞者はこちらです!

一般カテゴリー

最優秀アルバム賞
「Palena ʻOle」, Kapena/カペナ
最優秀EP賞
「Pali Ke Kua」, Mailani/マイラニ
最優秀楽曲賞
「Bamboo」, Kimie Miner/キミエ・マイナー

最優秀シングル賞
「We Are Hawaiʻi’s Finest」, Ekolu/エコル
最優秀ハワイアン音楽シングル賞
「Kaulana Ka Inoaʻo Hokuleʻa」, Chad Takatsugi featuring Na Hoa and Kuini /チャド・タカツギ、ナ・ホア、クイニ
最優秀インストルメンタル作曲賞
「Kahulanui Boogie Woogie」, Kahulanui/カフラヌイ
最優秀女性ボーカリスト賞
Kimie Miner/キミエ・マイナー, 「Proud As The Sun」
最優秀グループ賞
Kapena/カペナ, 「Palena ʻOle」
最優秀男性ボーカリスト賞
Kamaka Kukona/カマカ・クコナ, 「ʻAla Anuhea」
最優秀新人賞
Leipono/レイポノ, 「Kuʻu Pualei」

部門カテゴリー

最優秀アルターナティブアルバム賞
「Stay Gold」, Stef Mariani/ステフ・マリアニ

最優秀名曲集賞
「Jus’ Bes’」, Led Kaapana/レッド・カアパナ
最優秀コンピレーションアルバム賞
「Na Mele ʻUkulele」, Various Artists (Neo Productions)/ネオ・プロダクション
最優秀コンテンポラリーアルバム賞
「Palena ʻOle」, Kapena/カペナ
最優秀ハワイアンミュージックアルバム賞
「I Ke Ko A Ke Au」, Keauhou/ケアウホウ
最優秀ヒップホップアルバム賞
「Makana」, Illtalian/イルタリアン
最優秀器楽曲アルバム賞
「Across the Sea」, Greg Sardinha, Tsun-Hui Hung, and Jeff Peterson/グレッグ・サルディンハ、ツゥン-フイ・ハング、ジェフ・ピーターソン
最優秀アイランドミュージックアルバム賞
「So The Story Goes」, Halemanu/ハレマヌ
最優秀ジャズアルバム賞
「Mele Hoʻoilina」, Kahulanui/カフラヌイ
最優秀メタルアルバム賞
「Zodiac」, Storm/ストーム
最優秀ミュージックビデオ賞
「When I Come Home」, Kapena/カペナ

最優秀R&Bアルバム賞
「Genres of Soul」, RJ Kaneao/RJ カネアオ
最優秀レゲエアルバム賞
「Marching Orders」, The Green/ザ・グリーン
最優秀宗教音楽アルバム賞
「Simply for Ke Akua」, Kenneth Makuakane/ケネス・マクアカネ
最優秀ロックアルバム賞
「Lightning Strikes Hilo」, Larry Dupio/ラリー・デュピオ
最優秀ウクレレアルバム賞
「ʻUkulele Friends: The Sequal」, Bryan Tolentino & Herb Ohta, Jr./ブライアン・トレンティーノ&ハーブ・オオタ・ジュニア
お気に入りのエンターテイナー賞
John Valentine/ジョン・ヴァレンタイン

テクニカル・カテゴリー

グラフィック賞
Wailani Artates/ワイラニ・アルタテス, 「Makawalu」Nāpua
ライナーノート賞
Zachary Alakaʻi Lum/ザッカリー・アラカイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou

審査員カテゴリー

ハクメレ賞
「Aloha Maunalua」, Nicholas Kealiʻi Lum/ニコラス・ケアリイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou
「Māʻeliʻeli」, Zachary Alakaʻi Lum/ザッカリー・アラカイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou
ハワイ語パフォーマンス賞
Keauhou/ケアウホウ, 「I Ke Kō A Ke Au」
一般エンジニアリング賞
Imua Garza and Jules Washington/イムア・ガルザ、ジュールズ・ワシントン, 「Proud As The Sun」Kimie Miner
ハワイアン・エンジニアリング賞
Dave Tucciarone/デイブ・トゥチアロン, 「Makawalu」Nāpua
インターナショナル・アルバム審査員特別賞
「Colors」, Hook (Fukuhara Naoki)/フック(福原直樹)

おすすめミュージシャン

ナ・ホク・ハノハノ・アワードは、30部門以上のカテゴリーに渡ります。
どの曲を聴こうか、迷ってしまいますよね。
そこで、今年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで、特に注目を浴びたミュージシャンをご紹介します!

カペナ/Kapena


参照:NA HOKU HANOHANO AWARDS 2016 NOMINATION & MUSIC FESTIVAL

ハワイで最も知られているアイランド・バンドのひとつ。
メンバーはファミリーで構成されています。
今年は「最優秀アルバム賞」に加え、「最優秀グループ賞」、「最優秀コンテンポラリーアルバム賞」、さらに「最優秀ミュージックビデオ賞」も受賞。
4冠の快挙を果たしました。

キミエ・マイナー/Kimie Miner

「最優秀女性ボーカリスト」と、「最優秀楽曲賞」を受賞したキミエ・マイナー。
6月上旬に恵比寿で開催されたハワイイベント「アロハ・トーキョー2018」では、ミス・アロハ・フラ2010のミカさんが踊ったことでも話題に。
「Proud as the Sun」は、ハワイの太陽を全身で感じられる曲です!

ジャック・ジョンソン/Jack Johnson

ナ・ホク・ハノハノ・アワードでのもう一つのお楽しみが、豪華アーティストたちによるコラボレーション演奏。
ジャック・ジョンソンは受賞者ではありませんが、式典でのパフォーマンスが話題となりました。
彼は、オアフ島出身のミュージシャン。
ハワイで育った彼ならではの、リラックスしたメロディーが人気です。

My
著者:My
はじめてのハワイ旅行で、「世界にはこんな場所があったのか!」と幼いながらに感動。
それ以来、ずっとハワイが大好きで、最近は毎年ハワイに訪れるように。
他とは違った角度からハワイの情報をお届けします♪

関連する記事