ロコもまばら。ワイマナロビーチで静かなハワイ時間を楽しもう♪

ロコもまばら。ワイマナロビーチで静かなハワイ時間を楽しもう♪

オアフ島北東側に位置するワイマナロビーチ。
最近は日本のメディアでも紹介されることが多くなってきましたが、それでも観光客に会うことは少ないのでは。
何といっても、海と空の色が綺麗に映え、本当に静かなハワイ時間が楽しめます。
波の音に癒されながら、のんびりビーチに寝転がってみてはいかがでしょう。

アクセスはちょっと難しい?

ここはトロリーバスではアクセスできません。
それが、観光客があまり足を運ばない理由のひとつでしょう。
観光客が簡単には来られない場所、というのもこのビーチの良さでは?。

レンタカーを使うのがいちばん短時間で行ける手段です。
しかし駐車場では充分気を付けて。
ビーチパーク内にはホームレスが住むテントもいくつか存在します。
駐車場内で車の窓を割られたという被害が多発しています。

TheBusでは、いくつかのアクセス方法があります。
一番わかりやすい方法は、アラモアナショッピングセンターから57番のバスに乗ると乗り換えなく行けます。
ただし、乗車時間は1時間~1時間半ほど。
かなりの長旅になるので時間の余裕をもって。
帰りも57番で帰れますが、道路の状況によっては2時間弱かかることも。
時刻表と路線を事前にチェックしておいてくださいね。

治安はあまり良くないので注意

ホームレスのテントがいくつもあるように、治安はあまりよくありません。
ビーチにライフセーバーがいなかったり。
更衣室やトイレはありますが、ドアには鍵がありません。
女性だけで行くときだけでなく、大人数で遊びに行くときにも充分気を付けていきましょう。

長くのびるビーチは本当に静か

初めてワイマナロビーチに出会ったのは、まだハワイに慣れていない頃。
バスを乗り間違えてたどり着いてしまった場所。
吸い込まれるような景色は、なんて綺麗で静かな海なんだろうと感じたのを覚えています。

親子がランチボックスをひろげ、木陰で休んでいるだけ。
子ども達のはしゃぐ声のほとんどは、波と風の音に遮られ、かすかに聞こえる。
こんなに広いビーチなのに海に入っている人がいないなんて。

遠くへ続く長いビーチ
大きな波の音
風の音

ここにいると時間の流れがわからなくなってしまいます。
海を見渡すと、北側にはラ二カイ沖のモクルア島。
南東側にはマカプウ沖のラビット島。

海の色はエメラルドグリーン。
遠浅なのでどこまでも続く。
空の色と海の色。
ところどころの雲と、波と砂浜と。

ただぼんやり眺めているだけで
心の変化に気づくかも。

フォトジェニックなワイマナロビーチ

ここはウェディングフォトツアーとしても使われることが多い場所。

友人と訪れたときのこと。
シートを敷いてそこに寝転がる。
風はとても強く、日よけで持ってきたパラソルは吹き飛ばされそうに。
それでも風と波の音はうるさくなく。

その雰囲気にリラックスしていると、
目の前に家族がやってきました。
お父さんらしき人が大きなパラソルを持って砂浜まで来て、
場所を決めるかのように2本のパラソルをさしてまたどこかに行ってしまいました。
おそらくみんなで荷物を取りに行ったのでしょう。

再び誰もいなくなったビーチには
レインボーの2本のパラソルが残されて。
その景色がまた素敵。

思わずカメラを向けました。

ハワイでおすすめのビーチは?
と聞かれると、私は迷わずワイマナロビーチとこたえます。
ツアーでもここに寄るプランはたくさんあります。
皆様も是非、この素敵なビーチに足を運んでみてください。

ワイマナロ・ビーチ・パーク アクセス+店舗情報

ワイマナロ・ビーチ・パーク

住所:
41-741 Kalanianaole Hwy, Waimanalo, HI 96795 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-259-9106
mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事