ハワイ島はALOHAにあふれたアイランド♪

ハワイ島はALOHAにあふれたアイランド♪

ビッグアイランドとして愛され続けている、ハワイ島。
今、キラウエア火山の噴火により、夏に渡ハ予定の皆さんも不安に感じているかもしれません。
現時点では、観光地ヒロ、コナ地域にほとんど影響はないと言われています。
被害の広がっている地域は、ハワイでも東端部のごく限られたエリアです。

安心してハワイ島の旅を楽しんでくださいね。

「羽田からコナ」直行便でラクラク♪

羽田からハワイ島コナへの直行便は、ハワイアン航空が就航しています。
行きは6時間30分。
帰りは気流の関係で少し長くなり9時間30分です。

成田空港からも毎日1便。日本航空が就航。
ホノルルでの乗り換えがなくなって、とってもラクラクです。

ハワイ島ならではの自然を満喫!ワイピオ渓谷

カメカメハ大王が幼い日々を過ごしたといわれる「ワイピオ渓谷」
この神聖な場所を乗馬ツアーで巡るのはいかがでしょう。
澄んだ空気を味わいながら、ハワイの深い歴史を感じる…。
必ず想い出に残る旅になります。

マウナケアで星空観測

ハワイの最高峰「マウナケア山」4,205m。
世界一の天体観測スポットとして有名です。
山の上で見られるミルキーウェイ。
「星が降ってくるよう…」
まさにそんな気持ちになれる不思議な場所です。

コナ・コーヒーはマストです

コナコーヒーと名乗れるのは、西海岸に位置する「コーヒーベルト」産のみ。
約30kmのこの限られた場所で規定の基準厳守で生産。
世界中でコーヒー好きの心をとりこにしているこの味と香り。

そう聞くと、奥深い味の理由が分かった気がします。
ローカルのスーパーマーケットでお宝探し。
希少なビーベリー・コナコーヒーは約20ドル。

その他にもカウ地区で栽培のカウ・コーヒーは約19ドル。
最近人気上昇中です。
あなたの好きな味をお土産にしてみませんか。

のんびり時間の流れるHILO

ホノルルに次ぐ第二の都市、HILO。
今も変わらず、ゆったりとした雰囲気漂うOLD TOWNです。

HILOへはホノルルから国内線で約45分。
とっても快適なフライトです。
日本からの予約がスムーズですが、思い立ってからでも間に合います。

ホノルル空港まではシャトルバスで40分。
チャーリーズタクシー(定額料金で安心)、Uber(アプリ利用)は渋滞状況にもよりますが、20~30分です。

ハワイのフルーティな味を全部閉じ込めたパン

世界一可愛いと言われる、虹色のパン。
ハワイLoverの皆さんなら、一度は目にしたことがあるはず。
なんと、この鮮やかな色合い。
すべてフレッシュな果汁を使用しています。
スイートブレッドにグアバとマンゴーが加わり、ほんのりとした甘さ。
翌日が帰国日なら、お土産にも最適。

とってもローカルな小さなお店で大切に毎日焼き上げられています。
「Low International Food」ロウ・インターナシォナル・フード
4.75ドルとリーズナブルです♪

なんとロコモコはHILO生まれ!

私達が大好きなハワイの定番「ロコモコ」。
実はHILO発祥なんです。
色々なお店を食べ比べてみるのは楽しいですね!

ここ、Cafe 100/カフェ・ワンハンドレッドはロコの間で言わずと知れた名店。
おすすめの「チリ・ロコモコ」はちょっぴりスパイシー。
ごはんがもりもり進んでしまうので食べ過ぎ注意です♪
5.3ドルと、ワイキキよりかなりリーズナブル。

ハワイ島について、たくさんの情報や画像が流れ、混乱を招いています。
しかし、一般的にハワイの観光地とされている場所は、北西部に位置しており、被害地からはかなりの距離があります。

自然の状況はいつも変化しているので、現地情報は外務省 海外安全ホームページで必ずチェックして、ハワイ島を楽しんでくださいね。

Low International Food アクセス+店舗情報

Low International Food

住所:
2910, 222 Kilauea Ave, Hilo, HI 96720 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-969-6652
営業時間:
9時00分~20時00分
定休日:
水曜日
まゆみ
著者:まゆみ
カナダ留学後、インテリアコーディネーター、現在は英会話スクール勤務。
12歳違いの2人娘と夫の横浜4人暮らし。
長年毎年通い続けたハワイの本当の魅力を、上級者目線で発信してゆきます。
あなたのHawaii旅をさらに楽しくする秘策が沢山あります。
お楽しみに!

関連する記事