ロコが足しげく通うグルメタウン!カイムキのおすすめスイーツ5選♥

ロコが足しげく通うグルメタウン!カイムキのおすすめスイーツ5選♥

トロリーやレンタルバイクで、どんどん便利になるオアフ島。
ワイキキやアラモアナ以外の場所へも行きやすくなりました。
静かな住宅地だったカイムキですが、今では人気のレストランがそろう話題のグルメタウン!
今回はおすすめスイーツが食べられるお店を紹介します!

Via Gelato / ヴィア ジェラート 

 

本場イタリアで修行をつんだオーナーが毎日手作りするジェラートやさん。
16〜20種類ほどのフレーバーが毎日店頭に並びます。
ローカルの素材を積極的にとりいれたジェラートは日替わりで、他では食べられないフレーバーが多くあるため毎週のように通うファンもいるとか!
カップ(もしくはコーン)1オーダーにつき2種類まで選べるので、ぜひ違うものを試してみてくださいね。

ピナコラーダ(パイナップル)やハウピア(ココナッツ)、マンゴー、グアバなどハワイならではのフレーバーもおすすめです!
その日用意されているフレーバーをインスタグラムで毎日紹介しているので、チェックしてから行くのも◎

Pipeline Bakeshop & Creamery / パイプライン ベイクショップ&クリーマリー

あまい香りが広がる店内は、白とアクアカラーがアクセントの爽やか空間。
すでに多くのファンを獲得し、老舗のアノお店と人気を分け合うほどの評判です。
看板メニューのマラサダは、いつでも揚げたてがいただけて、フーフーしながらほおばると誰もが笑顔になってしまいます。
他店のマラサダよりもかるく、2個3個と食べられそう!

オススメはアイスクリームを1scoop(3.50ドル)をオーダーして、マラサダにつける食べ方。
熱々のマラサダに冷たいアイスクリームがとろ〜んととけて、悶絶のおいしさです!

LE CREPE CAFE / ル クレープ カフェ 

マノアとハワイ大学構内に店舗をもつLE CREPE CAFE / ル クレープ カフェは、 フードイベントで行列ができるほどローカルに大人気!
本場フランスの薄焼きのクレープはオーダーを受けてから目の前で焼きあげてくれ、フレッシュなフルーツをトッピング。
日本ではロールされたクレープが主流ですが、こちらはお皿で運ばれてくるスタイル。

フルーツやクリームをのせた甘いものはもちろん、野菜やチキンをトッピングした食事クレープも人気です。

LE CREPE CAFE KAIMUKI
3620 Waialae avenue, Hi 96816
808-773-8546

OTTO CAKE / オットーケーキ

以前はチャイナタウンにあったが、食通ロコたちが集まるこのカイムキで一気にファンが急増したOTTO CAKE / オットーケーキ。
チーズケーキのフレーバーは、いまや150種類以上もあり、キーライム、ラズベリーをはじめ、アサイ、パイナップル、リリコイ、グアバなど、トロピカルフレーバーも充実しています。

一番人気の「アメージングプレーン」
濃厚なレアチーズとベイクドチーズで2層になったケーキで、こちらはマストオーダー!

Sconees Bakery / スコーニーズ ベーカリー

美味しいスコーンの話になれば、必ず名前が出てくるSconees Bakery / スコーニーズ ベーカリー。
長年ローカルから愛され続けてきた味は本物です!
しっとりとした食感でバターの香りが口いっぱいに広がるスコーンは一度食べたら忘れられないおいしさ!

スコーンはどのフレーバーもレギュラーとミニの2サイズあるので、初めての方はミニで色々な味を試してみるのもいいかも。

朝6時にオープンするスコーニーズ ベーカリー。
焼きたてスコーンとコーヒーをもってカピオラニ公園で朝食はいかがですか?
ハワイのステキな思い出になること間違いなしですよ!

あや
著者:あや
インスタグラムにてとりたて情報更新中♥ #とりたてハワイ
アメリカ本土の短大を卒業後、ハワイで就職。
一度帰国し、日本でのOL経験を経て、現在ハワイで子育てに奮闘中!
おいしいものに目がなく、いつしかみんな驚くアメリカンサイズな胃袋のもち主になりました♥
リアルタイムなハワイをお届けしていきます!

関連する記事