ワイキキから徒歩で行けるパワースポット3選

ワイキキから徒歩で行けるパワースポット3選

ハワイには、古くから神聖なエネルギーが宿る場所が多数あります。
また、ハワイは島全体がパワースポットだと信じている方もいるほど、どこにいても自然の力を感じられる場所。
ワイキキにもパワーを感じられる場所があります。
今回は、ツアーに参加しなくても、買い物や遊びのついでに立ち寄れるパワースポットをご紹介します。

魔法石カフナストーンズ(Wizard Stones of Kapaemahu)

ワイキキ、カラカウア通りの南側、デューク・カハナモク像と、ワイキキ警察の間にあります。
ワイキキのシンボル的存在のデューク像のすぐ近くにあるにも関わらず、素通りしてしまう人も多く、じっくりと眺めている人は少ないように感じます。
おそらく皆さん、存在は知っていながらも、通りやすい場所ということもあり、石の前は普通に通っているのでしょう。

この石は、16世紀にタヒチから来た4人の祈祷師たちが、ハワイで人々に奇跡的な治療を行ってきた証。
4人は故郷に帰る時、4つの石に祈りをささげ、彼らの名前とマナ(霊の力)を込めたということです。

日中のにぎやかな時よりも、夜に行ってみるのがおすすめ。
海で遊ぶ人々の声は無く、波の音だけになる時間。
石のそばで静かにパワーを感じてみてください。
不思議と心身が癒されるような気持になるかも知れません。

カヴェへヴェへ(Kawehewehe)

ハレクラニホテルの目の前にあるビーチ。
ここは、地下から淡水が湧き出しているのです。
ワイキキビーチには、サンゴ礁が広がっているのですが、水が湧き出ているということもあり、ここにはサンゴがありません。

カヴェへヴェへとは「病気の除去」という意味。
昔から、ここで人々は心身を清め、罪を懺悔したり、癒しを求めたりしたそうです。
海底から湧き出る淡水と、海水が交わる場所であるため、癒しの力があると信じられ、「癒しの海」とも呼ばれています。

訪れるならば、朝が良いでしょう。
ワイキキビーチの中でも人が少ない場所ですが、明るい朝日の下でのカヴェへヴェへは、その美しさとパワーを感じやすいかも知れません。
透き通った海に、手や足をそっとつけてみても良いでしょう。
神聖な気持ちにさせてくれます。

ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)

ハワイと言えばダイヤモンドヘッド、とイメージできるほど、世界中でも有名な場所。
古代ハワイアンにとって、王族や特別な神官のみが入れる神聖な場所でした。
ここは、ハワイの火の女神ペレが、マウイ島のハレアカラ火山へ向かう途中に立ち寄った場所。

パワーの感じ方は人それぞれ違うかもしれません。
遠くから眺めるだけでもそのパワーを感じられるでしょう。
また、登りながら自然を感じ、頂上からの景色に力をもらう方も多いはず。

私のおすすめは、日中、カピオラニ公園からダイヤモンドヘッドを眺めること。
公園のベンチに座りながら、もしくは芝生に寝転びながら眺めると、明るい太陽のもとに、大パノラマのダイヤモンドヘッドを見られます。
それは、圧倒されるほどのパワー。
静かに深呼吸をして、神の力を感じてみてください。


ハワイには、多くのパワースポットが存在しますが、ちょっと足をのばせば行ける場所もあります。
パワーを感じる場所は人によって様々。
空港に降り立った瞬間からパワーを感じる方もいる程。
言い伝えられているパワースポットだけでなく、自らがパワーを感じる場所を見つけてみても良いでしょう。
ハワイは島全体で私たちを癒してくれているようです。

mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事