日常でハワイを身近に感じるアイテム4選♪

日常でハワイを身近に感じるアイテム4選♪

いつでも身近にハワイを感じていたいもの。
今回は、僕が日常生活でハワイを感じているアイテムを紹介します。

玄関でフェザーレイがお出迎え

帰宅すると最初に出迎えてくれるのが「フェザーレイ」
自宅の玄関に、ハワイで手に入れたフェザーレイを額に入れて飾っています。

レイといえばハワイでは生花でつくるレイが有名。
瑞々しいフラワーレイはとても美しいのですが、長持ちしません。
そこで日本に持ち帰るために考えたのがフェザーレイです。

かつてハワイアンにとって、鳥の羽は貴重なもの。
フェザーレイは王族の女性のみが身につけていたといわれるアイテムです。

ハワイでもフェザーレイを販売している店は少なく、僕はオアフ島のカパフルアベニューにあるフェザーレイ専門店「ナ・リマ・ミリ・フル・ノエアウ」で購入しました。
ハワイ語で「羽根で上手に製品を作る名人」という店名だけあって、玄関を華やかに彩ってくれています。
フェザーレイのワークショップも開催されているようなので、興味のある方は参加してみるのもよいでしょう。

Nuuanu Pali Lookout /ヌウアヌ・パリ展望台 アクセス+店舗情報

ナ・リマ・ミリ・フル・ノエアウ/Na Lima Mili Hulu No’Eau

住所:
762 Kapahulu Ave, Honolulu
電話番号:
808-499-7048
営業時間:
10:00~17:00
定休日:
日曜日

ヘザーブラウンの作品でリビングにハワイを

リビングにハワイアンブリーズを運んでくれるのは「ヘザーブラウンのアート」

ヘザーブラウンは、ハワイ出身の著名ミュージシャン「ジャック・ジョンソン」が主催する、ハワイ最大のミュージックフェスティバル「コクア・フェスティバル」のポスターを手がけたことで一躍有名になったアーティストです。
ハワイの風景をポップに描いた彼女のアートは見ているだけで楽しくなるものばかりで、ワイキキでは彼女のアートでラッピングされたトロリーバスも走っています。

サーファーであり海や自然を愛するヘザーブラウンは、拠点をノースショアからカウアイ島のプリンスヴィルへと移しましたが、これからも素晴らしいアートを提供してくれることでしょう。
僕はノースショアのハレイワ・ストア・ロッツにある「グリーンルーム・ハワイ」で入手しました。
この店はワイキキにもギャラリーがあるので、街を散策するときに足を運んでみてはいかがでしょう。

Nuuanu Pali Lookout /ヌウアヌ・パリ展望台 アクセス+店舗情報

グリーンルーム ハワイ ハレイワ/Greenroom Hawaii Haleiwa

住所:
Haleiwa Store Lots, 66-111 Kamehameha Hwy #201 Haleiwa
電話番号:
808-924-4404
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
無休

ハワイアンジュエリーのアクセサリー

ハワイアンジュエリーの起源は諸説あるようです。
ひとつは英国ヴィクトリア女王の夫アルバートが死去した際、二人と親しかったリリウオカラニが、喪に服すモーニングジュエリーとしてゴールドに黒の模様を入れ、「永遠の思い出(Hoomanao Mao)」という言葉を彫らせたブレスレットを付けていたのが始まりという説。

もう一つはリリウオカラニがイギリスを訪れた際に、ヴィクトリア女王から名前の彫刻にエナメルの施された純金のブレスレットを贈られたという説で、どちらの説もリリウオカラニとブレスレットがキーワードになっています。

そのためハワイアンジュエリーのブレスレットは、ハワイを愛する女性の人気アイテムとなっています。
しかし今ではカフスボタンやネクタイピンなど男性でも使えるようなハワイアンジュエリーもあり、僕も「プルメリア・ハワイアンジュエリー・アウトレット」で購入した幅の広い男性用のハワイアンジュエリーのリングをつけています。

ハワイアンジュエリーを大切な男性へのお土産候補に入れてみてはいかがでしょう。

Nuuanu Pali Lookout /ヌウアヌ・パリ展望台 アクセス+店舗情報

プルメリア・ハワイアンジュエリー・アウトレット/ Plumeria Hawaiian Jewelry Outlet

住所:
334 Seaside Ave. Honolulu
電話番号:
808-922-3181
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休

ロコ気分になれるフィッシュフック・ネックレス

周りを海に囲まれマルケサス諸島からカヌーでハワイに渡ってきた祖先をもつハワイアンにとって、フィッシュフック(釣り針)は特別な意味を持っています。
そこには幸せをつり上げ、幸運を逃がさないという意味もあります。

ハワイを旅するとロコが大きなフィッシュフック・ネックレスをつけているのを見かけますよね。
彼らがつけているフィッシュフックはクジラなど大きな魚の骨で作られているもので、僕はその魅力に惹かれ鯨の骨でできたものをいろいろと探し回りました。

オアフ島のショップに置いてあるのは牛の骨や石でできたものばかりでしたが、マウイ島ラハイナのアンティークショップ「ホエラーズ・ロッカー」で鯨の歯で作られたものと、一角の角でできたものを手に入れることができました。
存在感のあるフィッシュフック・ネックレスは、身につけているだけでハワイの不思議な気「マナ」を感じることのできるアイテムです。

Nuuanu Pali Lookout /ヌウアヌ・パリ展望台 アクセス+店舗情報

ホエラーズ・ロッカー/Whaler’s Locker Inc

住所:
780 Front St Lahaina
電話番号:
808-661-3775
営業時間:
9:00~21:00 、土・日曜 10:00~21:00 
定休日:
無休

僕のお気に入りのハワイアンアイテムを紹介しました。
その歴史や自然などから、ハワイにはまだまだ魅力的なアイテムがたくさんあります。
ぜひ皆さんもお気に入りの「ハワイ」を見つけてください。

K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事